3398_10 1.jpg
ROGO2.png

 

自然とともに 人とともに

みなさん、こんにちは。阿部​正臣です。

​徳島県の上勝町で有機農法で野菜をつくっています。

私がつくる野菜は、年間で100品種以上。

手間はかかりますが、多彩な作物が育つことで有用微生物や天敵が

共存するようになり、農薬を使わなくても病害虫が少なくなります。

周りの自然とのバランスを考えながら、畑に小さな自然をつくる。

そうすると、野菜が元気においしく育ちます。

3397_5.jpg
里山と街をつなぐ。

テンネンアマルの畑があるのは、徳島県のど真ん中にある

上勝町という中山間地域。どこにでもある、日本の里山です。

昼夜で寒暖差があり、水がとても豊か。

自然が野菜をおいしく育んでくれる。そして、「人」がいい。

そんな里山は今、日本から消えかけています。

この地で農業を営むことは、里山をいかすこと。

みなさんに育てた野菜を食べてもらうことが、

里山を支えることにつながると考えています。

0297-10.jpg
私と、徳島。

徳島市で生まれ育ち、大学卒業後は家業である自動車事業の会社を継ぎました。

車の仕事に打ち込み、東京や横浜でも働きました。

地元を出て働き、いろいろな経験をして気づきました。

「やっぱり、徳島が好きだ」ということに。

車の仕事を辞めて、阿波の藍染めの虜になりました。

学生時代から続けている阿波踊りにも、魅了され続けています。

テンネンアマルという農園の名前は、故郷への思いを込めて

「天然」と阿部・阿波の「阿」を組み合わせて名づけました。

5 2.jpg
自然の色

阿波の藍染めに惚れ、自然がもたらす色の美しさに目覚めました。

野菜の色も、藍と同じようにとても豊か。

朝晩で野菜の色は変わり、

色を見れば栄養状態も分かってしまいます。

ほうれん草の緑だって、夏と冬では全然色が違うんです。

「そろそろ土寄せして」「肥料を入れて」と、

野菜たちが多彩な表情で語りかけてくるので、

畑はいつもにぎやかです。